離乳食サイトマップ サイトマップ

離乳食−食べ物アレルギー

多くの場合は、
・体内に「IgE(免疫グロゴリン)という抗体を体にもつ人
・1型ヘルパー細胞というリンパ球の働きに問題のある人
がある特定の食べ物をとることで、下痢・嘔吐・じんましん・湿疹・気管支喘息などの症状が現れる病気のことです。


■ 食べ物アレルギー、気をつける食材とは?

・卵
・大豆
・小麦
・そば
・ナッツ類


卵は、卵白と卵黄、それぞれたんぱく質の成分が異なります。
卵白…卵白アルブミン・卵白ムコイドなど。
卵黄…レシチンなどの脂質
アレルギーの原因となるのは、ほとんどが卵白に含まれています。 そのため、離乳食は、卵白は取り除き、卵黄から与えます。

食べ物アレルギー、ずっと治らないの?

赤ちゃんのときに、食べ物アレルギーが出た場合の治る確立
1歳…50%
2歳…75%
3歳…90%
と言われています。これは、腸の働きが成熟していくためと言われています。


食べ物アレルギーって遺伝?

一般に、アレルギー全般として、「遺伝的要素」が多いと言われています。
両親・兄妹に、花粉症や、アレルギー性鼻炎などがある場合、アレルギー素因を持っている可能性が高い。
しかし、アレルギー素因が高いからといって、必ずしもアレルギー症状が出るわけではありません。