離乳食サイトマップ サイトマップ

病気のときの離乳食

病気のときや、具合の悪いときなどは、思うように離乳食を食べてくれないこともあります。
そんなときでも、少しでも食べやすい離乳食をあげてみてはいかかですか?

■ 熱があるときの離乳食

・水分をたっぷり摂らせる。
・消化のよいたんぱく質食品を。
・ビタミンA・Cの含まれている果物や野菜を。
・ゼリー状のもの、くず湯、果物など。

■ 下痢のときの離乳食

・水分をたっぷり摂らせる。(りんご果汁など)
・柑橘系果汁は避ける。
・乳製品、豆類、海藻類も避ける。

りんごのくず湯
写真 離乳食 材料
りんご1/2個
水溶き片栗粉大さじ1
水1/4カップ
離乳食 作り方
1.りんごは、皮をむき、すりおろす。
2.なべに水を入れ、りんごを加えて火にかける。
3.2に水溶き片栗粉を入れて、とろみをつける。

■ 便秘のときの離乳食

・水分をしっかりと補給(りんご果汁など)
・さつまいも、野菜、海藻、豆類など、食物繊維を摂る。

■ 嘔吐したときの離乳食

・水分をしっかりと補給。(お茶・水。イオン水・母乳など。)→柑橘類果汁×
・吐き気がおさまったら、離乳食を再開。(おかゆ、うどんなど消化の良いものから)
→チーズ・ヨーグルト・牛乳・オレンジなどは×